賃貸向け保険

HOME 保険商品一覧 賃貸向け保険 みんなの部屋保険 G3

家財(主契約) ― まさかの災害にあったとき、あなたの家財の損害を補償する

大切な家財が火災や破裂・爆発、水濡れ、盗難などで損害を受けたときに保険金をお支払いします。

  • 火事
  • 水濡れ
  • 浸水
  • 台風
  • 盗難
補償 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
家財 保険金をお支払いする主な場合 次のような事故によって家財に損害が発生した場合、保険金をお支払いします。
  • 火災(火災の消火活動による水濡れの損害を含みます。)
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災、ひょう災、雪災
  • 借用戸室の外部からの物体の落下、飛来、衝突または倒壊
  • 給排水設備に生じた事故または借用戸室以外の戸室で生じた事故に伴う漏水、放水または溢水による水濡れ
  • 騒じょうおよびこれに類似の集団行動に伴う暴力行為もしくは破壊行為
  • 盗難による盗取、損壊または汚損
  • 通貨の盗難
  • 預貯金証書の盗難(預貯金口座から現金が引き出された場合)
  • 水災(借用戸室が床上浸水となった場合)
  • 雨漏り
保険金をお支払いできない主な場合
  • 保険契約者・被保険者の故意、重大な過失、法令違反
  • 貴金属、時計、宝玉、宝石およびこれらに類する物ならびに書画、骨とう、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の再調達価額が30万円を超える物の損害
  • 通貨、電子マネー、有価証券、預貯金証書、クレジットカード、プリペイドカード、ローンカード、印紙、切手その他これらに類する物の損害
  • 借用戸室外にある間に生じた事故による損害
  • 自然の消耗や電気器具などの故障
  • 地震、噴火、津波を原因とする損害

修理費用(主契約)

補償 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
修理費用 保険金をお支払いする主な場合 次の事故により借用戸室に損害が生じた場合の修理費用を保険金としてお支払いします。
  • 火災、破裂、爆発等および盗難により借用戸室に生じた損害
  • 凍結により専用水道管に損害が生じた場合の専用水道管の修理費用・解氷費用
偶然かつ突発的な事故により借用戸室に損害が生じた場合の修理費用を保険金としてお支払いします。
  • ガラスに損害が生じた場合の修理費用
  • 鍵・シリンダーに損害が生じた場合の修理費用※1保険期間中1回限りとなります。
  • 借用戸室内の洗面台に損害が生じた場合の修理費用
  • 借用戸室内の浴槽に損害が生じた場合の修理費用
  • 借用戸室内の便器・便座・便蓋に損害が生じた場合の修理費用
  • その他の事故により借用戸室に損害が生じた場合の修理費用
  • 電気的または機械的事故により特定付属設備に損害が生じた場合の修理費用
保険金をお支払いできない主な場合
  • 壁、柱、床、はり、屋根、階段等の建物の主要構造部にかかわる損害
  • 玄関、ロビー、廊下、昇降機、便所、浴室、門、塀、垣根、給水塔等の建物の共有部にかかわる損害
  • パッキングのみに生じた損害
  • 鍵自体の紛失および損耗等に関する損害

保険金支払の事例

  • 熱割れによりガラスが割れた。

    ガラス交換費用

    ¥ 30,000

  • 玄関ドアのシリンダーに異物を詰められた。

    シリンダー交換費用

    ¥ 20,000

  • 専用水道管が凍結により破裂した。

    水道管修理費用

    ¥ 80,000

  • 化粧ビンを落としてしまい、洗面台が破損した。

    洗面台交換費用

    ¥ 50,000

  • 掃除中に転倒し、誤って浴槽を破損させてしまった。

    浴槽修理費用

    ¥ 150,000

  • トイレ内で転倒し、誤って便座を破損させた。

    便座交換費用

    ¥ 30,000

賃貸住宅総合賠償責任特約2017 ― さまざまなリスクからあなたを守る

借家人賠償責任保険金

火災、破裂・爆発などで借用戸室に損害を与え、貸主に対して法律上の損害賠償責任を負ったときに、保険金をお支払いします。

補償 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
借家人賠償責任保険金 保険金をお支払いする主な場合 次の事故により借用戸室に損害を与え、貸主に対し法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。
  • 火災
  • 破裂・爆発
  • 借用戸室で生じた漏水・放水または溢水による水濡れ
  • 被保険者の死亡※1保険期間中1回限りとなります。
保険金をお支払いできない主な場合
  • 保険契約者、被保険者の故意による損害
  • 左記以外の事故によって滅失、き損、汚損した場合
  • 建物の瑕疵(かし)によって生じた損害

個人賠償責任保険金

被保険者が下表に記載するいずれかの法律上の損害賠償責任を負担した場合に保険金をお支払いします。(ご注意)自転車事故などによる損害賠償責任は補償されません。

補償 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
個人賠償責任保険金 保険金をお支払いする主な場合 被保険者が次のいずれかの法律上の損害賠償責任を負担した場合に保険金をお支払いします。
  • 借用戸室の使用または管理に起因する偶然な事故による他人の身体の障害または財物の損壊について、被保険者がその他人に対して負担する法律上の損害賠償責任
  • 借用戸室の属する建物の敷地内における被保険者の日常生活に起因する偶然な事故による借用戸室の属する建物の損壊について、被保険者が借用戸室の属する建物の所有者に対して負担する法律上の損害賠償責任
保険金をお支払いできない主な場合
  • 保険契約者、被保険者の故意による損害
  • 被保険者の職務遂行に起因する損害賠償責任
  • 被保険者相互間で発生した事故による身体の障害または財物の損壊に起因する損害賠償責任
  • 被保険者が所有、使用または管理している財物の損壊について、その財物について正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任

費用 ― 災害時の思わぬ出費をカバーする

失火見舞費用保険金
火災、破裂・爆発を借用戸室から発生させ、損害が生じた戸室または建物に入居する第三者の所有する動産に損害を与えた場合の見舞金等の費用に対して保険金をお支払いします。
残存物取片付費用保険金
損害を受けた保険の目的の残存物の取片付けに必要な費用に対して保険金をお支払いします。
修理費用保険金
所定の事故により借用戸室に損害が生じた場合に、被保険者が貸主との契約に基づき負担した修理費用に対して保険金をお支払いします。
損害防止費用保険金
火災、落雷、破裂・爆発による事故で使用した消火器の薬剤など、損害の発生および拡大の防止のために有益な費用に対して保険金をお支払いします。
被災転居費用保険金
損害保険金または水害保険金が支払われ、かつ、借用戸室が半損以上となった場合に、転居のために新たに賃貸住宅を賃借する費用に対して保険金をお支払いします。
盗難転居費用保険金
借用戸室内への不法侵入があり、かつ、盗難保険金が支払われる場合に、転居のために新たに賃貸住宅を賃借する費用に対して保険金をお支払いします。
臨時宿泊費用保険金
火災、盗難、水災などの事故による飲用水、電気またはガスの供給停止等の結果、借用戸室に居住できなくなった場合の臨時宿泊費用に対して保険金をお支払いします。
再発防止費用保険金
損害保険金または凍結した水道管の修理費用保険金が支払われる場合に、その事故の再発を防止するために必要かつ有益な費用に対して保険金をお支払いします。

家財簡易評価表

世帯主の年齢 25歳前後 30歳前後 35歳前後 40歳前後 45歳前後 50歳前後
家族構成
独身 350万円 350万円 450万円 450万円 550万円 550万円
夫婦のみ 500万円 600万円 800万円 1,000万円 1,150万円 1,300万円
夫婦・子供1人 595万円 695万円 895万円 1,095万円 1,245万円 1,395万円
夫婦・子供2人 690万円 790万円 990万円 1,190万円 1,340万円 1,490万円
  • 世帯主(生計の中心となる者)の年齢・家族構成より、上表の世帯主の年齢(横列)と家族構成(縦列)の交差するところを当該世帯の標準再調達価額とします。
  • 上表にない家族構成の場合は、世帯主夫婦の再調達価額に他の家族の再調達価額(大人140万円、子供95万円を加算します。なお、「大人」とは満18歳以上の者をいい、「子供」とは満18歳未満の者をいいます。)
  • 上記の手順により算出したものは再調達価額の目安になるものであり、実態に則し、総合的に判断し、必要な場合は「±20%以内」で調整するものとします。
  • 専有面積が33㎡前後のマンションまたは小住宅については、算出した再調達価額を実態に則し、60%相当額とすることができるものとします。
  • 上表の再調達価額には貴金属・時計・宝玉・宝石およびこれらに類する物ならびに書画骨董、彫刻物その他の美術品で1個または1組の再調達価額が30万円を超えるものは含みません。

※上記内容は、あくまで参考資料であり、契約時には適切な金額の設定を行ってください。

保険コース選びの参考表

みんなの部屋保険 G3 (賃貸住宅総合保険2017)

保険期間 保険料 補償内容(保険金額)
※家財簡易評価表をご確認ください。
家財(主契約)
賃貸住宅総合賠償責任 被保険者の死亡による損害賠償責任
2年 12,000円 70万円 1,000万円 30万円
14,000円 140万円 1,000万円 100万円
15,000円 200万円 1,000万円 100万円
16,000円 260万円 1,000万円 100万円
17,000円 270万円 1,000万円 100万円
18,000円 320万円 1,000万円 100万円
20,000円 380万円 1,000万円 100万円
22,000円 500万円 1,000万円 100万円
25,000円 700万円 1,000万円 100万円
27,000円 850万円 1,000万円 100万円
30,000円 930万円 1,000万円 100万円
1年 6,000円 70万円 1,000万円 30万円
7,000円 140万円 1,000万円 100万円
8,000円 260万円 1,000万円 100万円
9,000円 320万円 1,000万円 100万円
10,000円 380万円 1,000万円 100万円
11,000円 500万円 1,000万円 100万円
13,000円 770万円 1,000万円 100万円
15,000円 930万円 1,000万円 100万円

※各保険金の上限額については、実際の保険契約申込書・保険証券等にてご確認ください。

商品パンフレットダウンロード

詳しい情報はこちら

※ご契約申込日が2017年8月1日以降のお客さま及び当該契約を継続して更新されているお客さま

よくあるご質問

Q.保険料控除証明書は発行されますか?
A.当社保険は保険料控除の対象外ですので保険料控除証明書の発行はされません。
Q.数ヶ月単位(月割り)での契約はできますか?
A.できません。
当社取扱いの保険期間は1年または2年契約のみとなります。
※保険が不要になった場合(転居など)はご解約をしていただきますと未経過残月数により返戻金をお支払いいたします。
Q.保険証券(更新証)はいつ頃届きますか?
A.①保険証券:保険開始日以降1ヶ月ほどでお届け予定となります。
 ※不着で当社に戻ってきた場合は計2回まで発送しています。

②保険開始のご案内はがき(「証券レス」方式選択):保険開始日以降1ヶ月ほどでお届け予定となります。
 ※不着で当社に戻ってきた場合は計1回のみ発送しています。

③更新証および更新ご案内ハガキ(「証券レス」方式選択):いずれも保険料入金日から1ヶ月ほどでお届け予定となります。

万一、保険開始日から3ヶ月を超えて届かない場合は、ご契約の状態を確認させていただきますのでフリーダイヤルまでお問合せ下さい。
(0120-080-828 ガイダンス③:平日9:00~17:00)
Q.この保険に絶対加入しなくてはいけないのですか?
A.当社保険は強制加入ではありません。 ただし、賃貸契約上火災保険に加入することが条件となっている場合があるため管理会社(家主)にご確認・ご相談ください。
Q.証券を紛失してしまったのですが、再発行してもらえるのですか? また、料金はかかりますか?
A.再発行できます。
フリーダイヤルへお問合せ下さい。

(0120-080-828 ガイダンス③:平日9:00~17:00)

※再発行についての料金はかかりません。
Q.証券レス方式に同意していたけど、証券が必要になったので発行してもらえますか? また、料金はかかりますか?
A.発行できます。
ご契約状態によって手続き方法が異なりますので、フリーダイヤルへお問合せの上、ご確認下さい。

(0120-080-828 ガイダンス③:平日9:00~17:00)

※証券発行についての料金はかかりません。
Q.店舗兼住宅の場合は契約できますか?
A.できます。
ただし、当社取扱の「入居者用」「事業者用」双方の商品をご契約いただく必要がございます。
Q.契約者と被保険者が違う場合・法人契約の場合、保険証券は誰宛に届きますか?
A.契約者住所宛にご送付させていただきます。

※「証券レス」方式のはがき宛先も同じ。
Q.保険証券(更新証)が届かないけど、保険は掛かっていますか?
A.ご契約状態の確認をさせていただきますのでフリーダイヤルへお問合せください。

(0120-080-828 ガイダンス③:平日9:00~17:00)

ご契約が成立している方に関しましては、保険証券の発行は保険開始日以降となります。お手元に届いていない場合でも保険契約は有効に成立していますのでご安心ください。
※「証券レス」方式を選択いただいているお客さまには証券は発行されません。
Q.更新案内のはがきが届いたけど、更新手続きはどうしたらいいですか?
A.今回は満期日のお知らせのみとなります。更新手続きに関しては取扱い代理店より別途ご案内させていただきます。
万が一、満期日が近づいても案内が届かない場合は、お手数ですが取扱い代理店にお問合せください。
Q.更新時にコース変更したい場合、どうしたらいいですか?
A.ご希望のコースで新規での申し込みが必要となります。
新規契約の窓口が初回契約手続きをいただきました取扱代理店となります。お手数ですが取扱代理店にお問合せください。
Q.更新用コンビニ払込用紙に署名や住所の記入は必要ですか?
A.必要ございません。
申込書番号にて管理しておりますので何もご記入いただかなくて結構です。
Q.マンションの管理会社が変わった場合、どうしたらいいですか?
A.管理会社と保険代理店は異なるため管理会社の変更に伴う保険代理店の変更はございません。
特にお手続きをいただく必要はございません。
Q.更新用コンビニ用紙の支払い期限を過ぎてしまっている場合、どうしたらいいですか?
A.満期日から1か月間はご使用いただけます。
1か月以上経過している場合は、お手続き方法が異なりますので、お手数ですが、フリーダイヤルまでお問合せ下さい。
(0120-080-828 ガイダンス③:平日9:00~17:00)
Q.契約物件を引越す場合どうしたらいいですか?
A.解約もしくは住所変更のお手続きが必要となります。
ご解約をしていただきますと未経過残月数により返戻金をお支払いいたします。また、転居先が賃貸物件であれば住所変更を行い、保険契約を継続していただくことも可能です。お手続きに関しましては異動・解約センターまでご連絡ください。(解約はインターネットでも申請受付をしております。)
Q.マンション(一戸建て)を購入した場合、保険を継続できますか?
A.ご継続いただくことはできません。
当社取扱商品は賃貸物件を対象とした保険の為、賃貸契約の終了日をもってご解約手続きをおとりください。
ご購入後の保険はご自身でお手配ください。
Q.入居者に変更がある場合どうしたらいいですか?(例)入居者が増えた(減った)・改姓した
A.異動・解約センターにご連絡いただき変更手続きをおとりください。
Q.登録内容の変更をすると料金はかかりますか?
A.かかりません。
Q.法人契約で入居者に変更がある場合、必ず入居者個人名の登録が必要ですか?
A.必要です。
ただし、契約者が法人又は個人事業主の場合「法人特約」が付帯されていれば入居者個人名の登録は不要です。

※「法人特約」付帯の場合、被保険者の範囲は役員及び従業員等となります。
Q.解約時の返戻金振込指定口座は誰の名義でもいいですか?
A.所定の書類に契約者の署名・捺印をいただければ返金先口座はどなた様名義でも結構です。
Q.解約返戻金はいつ振込されますか?
A.当社に解約関係書類が不備なく到着後1週間以内のご返金となります。
Q.解約受付は以前に連絡をしているが、解約書類を提出するのを忘れてしまいまだ手元に持っています、今から送付しても間に合いますか?
A.間に合います。
ただし、ご解約手続きには請求期限がございますので下記請求期間内にご提出ください。請求期間を超えますと書類をご返送いただいてもご請求を受理できませんのでご注意ください。

●保険開始日が2010年4月1日以前の方:解約日から2年間
●保険開始日が2010年4月1日以降の方:解約日から3年間
Q.解約手続きが完了したら返戻金明細などの通知は届きますか?
A.基本的にはお送りしておりません。
ご解約の場合は、返戻金の振込をもってご請求を承認したものといたします。
(必要な場合は簡易的なものになりますが対応させていただきますので当社までご連絡ください。)
Q.何者かに玄関錠の鍵穴に異物を詰められ損壊した場合、補償の対象になりますか?
A.補償の対象になります。ただし、一契約期間中一回限りの補償となります。
Q.窓ガラスに『熱割れ』による亀裂が生じた場合、補償の対象になりますか?
A.補償の対象になります。回数制限はありません。
Q.空き巣に入られ家財の盗難被害はないが、ガラスを割られた場合、補償の対象になりますか?
A.警察へ盗難の届出が必要となります。盗難被害でドアや鍵が破壊された場合も補償の対象となります。
Q.車で事故を起こしてしまった場合、補償の対象になりますか?
A.車両の使用または管理に起因する損害賠償責任は補償の対象外となります。
Q.自転車に乗っていて通行人にぶつかり、怪我をさせてしまった場合、補償の対象になりますか?
A.補償の対象にはなりません。
日常生活における自転車事故による第三者への損害賠償(怪我・財物の破損など)は補償の対象外となります。
Q.豪雨時に雨樋に異物がつまったため雨水が室内に溢れ家財に被害が出てしまった場合、補償の対象になりますか?
A.給排水設備に生じた事故となるため補償の対象となります。
Q.雨漏りが発生し、家財に被害が出てしまった場合、補償の対象になりますか?
A.雨が意図しない箇所から借用戸室内部に侵入・浸水した場合は雨漏り事故となるため補償の対象となります。ただし、借用戸室の開口部などから吹き込み、浸み込み、漏入した場合は対象外となります。
Q.結露で壁紙が剥がれ、壁にカビができた場合、補償の対象になりますか?
A.補償の対象にはなりません。
Q.駐輪場に置いていた自転車(原動機付自転車含む)が盗難にあった場合、補償の対象になりますか?
A.お住まいのマンション(アパート)指定の駐輪場に置いていた自転車(原動機付自転車)は補償の対象となります。
Q.家具を移動した際に室内の壁紙を破損させた場合は補償の対象になりますか?
A.補償の対象になります。ただし、故意に破損させた場合は対象外となります。
HOME 保険商品一覧 賃貸向け保険 みんなの部屋保険 G3