バイク保険

HOME 保険商品一覧 みんなのバイク保険
みんなのバイク保険
見積り無料

新車、中古車にかかわらず加入が可能です。

保険金をお支払いしても任意保険等級制度には影響しません。

この保険だけの単独加入が可能です。

初度登録からの経過年数にかかわらず購入金額を補償します。

例えばこんな事故や盗難にあった時に

全損

交差点で自動車と衝突し
バイクが全損になった。

全損

山道のカーブで転倒。
バイクが崖下に転落し
全損となった。

半損

凍結した路面でスリップし
バイクがガードレールに
接触して半損となった。

盗難

自宅ガレージに保管していた
バイクが盗まれた

こんな時でも
「みんなのバイク保険」なら、手ごろな保険料で車両破損や盗難からあなたの愛車を守ります!
  • 全損補償
  • 半損補償
  • 盗難補償
  • バイクが全損になった場合に、保険金をお支払いします。

    ●「全損」とは、車両の損害を修理することができない場合、
     または修理費が協定保険価額の80%を超える場合をいいます。
    ●交通事故証明が発行されたことを条件とします。

    全損※保険金のお支払い額は、保険証券記載の保険金額となります。

    全損

  • バイクが半損になった場合に、保険金をお支払いします。

    ●「半損」とは、車両の修理費が協定保険価額の50%を超えて
     80%までの場合をいいます。
    ●半損特約は、全損特約とあわせて付帯する必要があります。
    (半損単独では付帯できません)
    ●交通事故証明が発行されたことを条件とします。

    半損※保険金のお支払い額は、保険証券記載の保険金額の50%相当額となります。

    半損

  • バイクが盗まれたり、盗難による損壊等が原因でバイクが全損になった場合に、保険金をお支払いします。

    ●盗難の被害届が所轄警察署にて受理されることが必要です。
    ●「全損」とは、車両の損害を修理することができない場合、
     または修理費が協定保険価額の80%を超える場合をいいます。
    ●盗難特約は、全損特約とあわせて付帯する必要があります。
     (盗難単独では付帯できません。)

    盗難※保険金のお支払い額は、保険証券記載の保険金額となります。

    盗難

組み合わせ自由 補償内容をカスタマイズできます!
しっかりとした補償 車両破損のみ 盗難にも 保険料を抑えたいなら
まずは、あなたの保険料を見積もってみましょう!

《ご準備いただくもの》

車検証または軽自動車届出済証

車検証または軽自動車届出済証

※排気量が125CC以下の原付バイクは
 お引き受けできません

売買契約書

売買契約書

※車両価格・パーツ類の購入金額が
 確認できるもの

PCアイコン

バイクのモデル名・購入金額等をご入力ください。
あなたのバイクの保険料が表示されます。

お見積りはこちら 個人情報の入力は不要です。
人気車種で保険料を比較
お見積りはこちら 個人情報の入力は不要です。

よくあるご質問はこちら

商品パンフレットダウンロード

詳しい情報はこちら

【ご注意】 ●本記載は、この保険の概要です。詳細については「ご契約のしおり」・「重要事項説明書」をご覧ください。
●この保険は、当社独自のものであり、損害保険会社および共済事業者ならびに他の少額短期保険業者、その他の事業者などが取り扱うバイクに関する車両保険等とは引受条件、補償内容、保険金の支払条件などが大きく異なります。
※「みんなのバイク保険」は日本少額短期保険株式会社が販売するバイク用車両保険(正式名称:車両専用保険)です。(2016-058)

よくあるご質問

Q.保険証券は発行されますか?
A.発行されます。
Q.運転中に動物と衝突しバイクが全損した場合、補償の対象になりますか?
A.補償の対象です。
特に北海道ではエゾジカとの衝突事故が多発しています。
Q.他の損害保険会社等で車両保険や盗難保険に加入中でも加入可能ですか?
A.車両保険に加入している場合は、「車両全損特約」・「車両半損特約」を付帯することができません。盗難保険に加入している場合は、「車両盗難特約」を付帯することができません。両方に加入している場合は、この保険に加入することができません。
現在の車両保険や盗難保険を解約(退会)いただく場合は解約日(退会日)以降の日付で加入可能です。
Q.バイクの排気量の制限はありますか?
A.排気量が125㏄以下のバイクは加入できません。
Q.購入金額の制限はありますか?
A.購入金額が5万円未満のバイクは加入できません。
Q.Web申込以外の申込方法はありますか?
A.ありません。
Q.パーツ&アクセサリーは補償対象になりますか?
A.納車前に取り付けたパーツ&アクセサリーは補償対象になります。バイク本体の購入金額にパーツ&アクセサリーの購入金額を合算した額が保険金額となります。
※納車後・加入後追加で取り付けたものは、対象外です。
Q.パーツ&アクセサリーは工賃を含みますか?また一部金額での加入は可能ですか?
A.工賃は含みません。
また、一部金額での加入はできません。パーツ&アクセサリーの購入金額全額が保険金額に算入されます。
Q.車両価格は何円単位で設定しますか?
A.万円単位です。(1万円未満切上げ。)
Q.車両価格およびパーツ&アクセサリー価格は税込金額ですか?
A.税込金額です。
Q.お店により販売価格が違う中古車の保険金額は?
A.バイクの購入金額が保険金額となりますので、販売価格が異なれば保険金額も異なることになります。
Q.自賠責保険料や登録諸費用は、購入金額に含まれますか?(防犯登録費など)
A.バイクの購入金額には、含まれません。
Q.更新時の保険金額は?
A.更新前の保険契約の保険金額と同一の保険金額です。
Q.保険料の支払方法はクレジットカードのみですか?口座振替やコンビニエンスストアでの支払いはできないのですか?
A.保険料のお支払方法はクレジットカードのみとなりますので、あらかじめご了承ください。
Q.保険料は分割(月毎)で支払えますか?
A.可能です。
クレジットカードでの毎月のお支払い(継続課金)となります。
なお、当社所定の割増率が適用されます。
Q.他人が運転中に全損事故を起こした場合も補償の対象になりますか?
A.補償の対象です。
この保険はバイク本体の保険です。年齢制限もありません。
Q.協定保険価額(きょうていほけんかがく)
A.当社と保険契約者または被保険者が協定したご契約のバイクの価額をいいます。
Q.全損(ぜんそん)
A.ご契約のバイクの損害を修理することができない場合または修理費が協定保険価額の80%をこえる場合をいいます。
全損の判定例 協定保険価額 修理費 全損の判定
ケース1 200万円 190万円 ○:全損に該当します。
ケース2 150万円 110万円 ×:全損に該当しません。
Q.半損(はんそん)
A.ご契約のバイクの修理費が協定保険価額の50%をこえて80%以内の場合をいいます。
半損の判定例 協定保険価額 修理費 半損の判定
ケース1 200万円 120万円 ○:半損に該当します。
ケース2 150万円 40万円 ×:半損に該当しません。
Q.保険金額(ほけんきんがく)
A.保険契約において設定する契約金額のことをいい、この保険契約で対象となる事故が発生した場合に、当社が支払う保険金の限度額となります。
HOME 保険商品一覧 みんなのバイク保険