日本少額短期保険株式会社


事故が発生したら

事故が発生したら

事故が発生したら、下記の事故センターまで早急にご連絡ください。
お客さまと当社が直接お話しすることが基本となっております。
但し、事故対応を円滑に進めるために、お住まいの物件の管理会社にもご連絡をお願いします。

※画像をクリックで別窓表示

保険金のお支払い例 ~みんなの部屋保険G2(ジーツー)の場合~

CASE1:
上階の戸室で発生した火災の消火活動の影響で、借用戸室の家財が水浸しになった。

家財損害保険金 ¥1,000,000-
災害見舞保険金 ¥200,000-
残存物取片付費用保険金 ¥50,000-

※火災の消火活動による水濡れや破損についても補償の対象となります。

CASE2:
外出中に洗濯機の給水ホースが抜け落ち水道水が噴出、
借用戸室の洗面所の床が水浸しになったばかりか、階下2戸室についても水浸しになった。

借家人賠償責任保険金 ¥800,000-(自室の損害)
個人賠償責任保険金 ¥1,500,000-(階下の損害)

CASE3:
空き巣被害に遭い、借用戸室内のタンスに保管していた現金10万円が盗まれた。

盗難保険金 ¥100,000-

※通貨は保険の目的に含まれませんが、盗難事故についてのみ補償対象となります。
ただし、1事故あたり20万円または保険金額のいずれか低い額を限度とします。

※盗難を知った後、ただちに警察へ盗難被害の届出をし、受理されたことが条件となります。

CASE4:
借用戸室の窓ガラスに熱割れが生じ、自己の費用でこれを修理した。

修理費用保険金 ¥30,000-

※ただし、1事故あたり10万円を限度とします。

CASE5:
借用戸室の洗面台で誤って化粧瓶を落として洗面ボウルが破損し、自己の費用でこれを修理した。

修理費用保険金 ¥50,000-

※ただし、1事故あたり100万円を限度とします。

CASE6:
借用戸室内の浴室で滑って転倒して浴槽が破損し、自己の費用でこれを修理した。

修理費用保険金 ¥150,000-

※ただし、1事故あたり100万円を限度とします。

※ご契約商品により補償内容が異なります。補償に関するご質問は下記までお問い合わせください。
0120-080-828(ガイダンス[3]選択:平日9時~17時)